英語が苦手なわたしのワーホリに行くきっかけ

ワーホリ準備

わたしがカナダにワーホリに行ったのが2014年12月1日。

当時のわたしは24歳でした。

22歳で大学を卒業後、就職、その後旅行関係の会社に転職をして1年半働きました。

もともと大学時代にバックパッカー旅を覚え、海外の魅力にどんどんハマるも、、、

英語が喋れない!!!!

ちなみに私は

イギリス
フランス
インド
タイ
ベトナム
インドネシア
マレーシア
台湾

上記の8か国への渡航経験がありました。
でも全然英語は喋れない!!

そのためすごく不便な思いを何度もしました。
一人旅のときは欲しいものが買えなかったり、英語が喋れたらスムーズにいくようなことにすごく時間がかかって
せっかくの貴重な旅行の時間を無駄にしているときも多かったです。

英語の喋れる友達と一緒に海外に行ったときは、
ホテルのチェックインやレストランでのオーダーも全部友達まかせにしていました。
申し訳ない気持ちと情けない気持ちでいっぱいでした。

英語が喋れないジレンマを抱えたまま就職し、東京生活を楽しんでいましたが
やっぱり海外に憧れていました。そして英語を喋れる人にも憧れていました。

みなさんの周りにも多いと思いますが
英語を喋れる人(使える人)は結構います!

実際にはペラペラじゃなくても、外国人とコミュニケーションがとれているだけで
「うわーーーーすごい…」「かっこいい」
と感じますよね。

わたしの周りには
CAさん、ゲストハウスで働く人、インターナショナルの学校、保育園で働いている人など
英語を駆使した仕事をしている人が多かったです。
みんな留学経験があって、楽しそうでキラキラして見えました。

そういう人をみているうちに憧れが大きくなり、
わたしも海外生活をして、英語を使った仕事をする!!!
そしてもっと海外旅行を楽しめるようにしたい!と夢ができました。

英語を使った仕事って具体的になにすればいいんだろう?と
考えて悩んでいたときもあったのですが、そんなことは英語が喋れるようになったら考えたら良いんだ!と思い
とにかく英語を習得するためにワーホリに行く決意をしました。

英語なんて勉強したことほぼないわたしが行くのは無謀?!と思いましたが
思ったことは即行動!なので行ってきました!!

ちなみに英語は学生時代ものすごく苦手で大嫌いでした!!
行くと決めたときに中学英語を勉強し始めたんですが、be動詞と一般動詞の違いさえわかっていませんでした。
SVOC?なんのこと?って感じで。

そんなわたしが約2年間トロントで生活したので、その際に起きた出来事や
困ったこと、英語の勉強法などアップしていきます。

これから行く人や迷っている人の応援をしていますので
すこしでも役に立てれば嬉しいです。