レジュメの書き方!レジュメのルールと必須事項

ワーホリ生活

仕事を探す際に絶対に必要となるのがレジュメです。

今回はレジュメのルールや作り方を紹介します。

簡潔で読みやすいレジュメを作って、自分のやりたい仕事をゲットしましょう。

そもそもレジュメとは?

レジュメとは日本でいう履歴書のことです。

日本と違うのは決まったフォーマットがないことと

手書きではなく、ワードなどで作成し印刷したもの、というところです。

レジュメ作成のルール

・人称代名詞を省略すること
I,my,me,it,you,your,we,ourなど

・動詞から記入すること
Looking for~や、Be able to~と書く。

・a, an,theは省略すること

・1枚にすること
あまりに長く書くのは読み手に負担を与えるだけです。
簡潔にわかりやすく、1枚にまとめるようにしましょう。

レジュメに記載する情報

Name,Adress
名前と連絡先のことです。
電話番号とメールアドレスも記載しましょう。

Objective
希望職種(目的)のことです。
どんな仕事を探していて、どうなりたいか。

Skills,Profile
自分のスキルについて書きましょう。
応募職種に合ったこれまでの経験やTOEICのスコアなど、自分はこれができるんだ!ってアピールする欄です。

Work Experience
直近の職歴から古い職歴を記載する。
アルバイトやボランティアの経験も書けます。
勤務先の名前、ポジション、働いた期間と職務内容を詳しく書きましょう。

Education
最終学歴を書くところです。

Visa Status
ビザの種類と期限を書くところです。

わたしが実際に使っていたレジュメを載せるので
よかったら参考にしてください。

自分なりに作成したあとは、必ず誰かに添削してもらってください。

自分ではわからなくても読み手に違和感を与えるような文章になっている可能性もありますし、
見やすいレイアウトになるようアドバイスもくれるはずです。

ちなみに私は2度添削してもらいました。
語学学校に通っていたので先生に添削をお願いしていました。

初めて自分で作ったレジュメは全然ダメダメでめちゃくちゃ修正しました。
人称代名詞のない文章って慣れていないのでものすごく書きにくかったですし…

でもカナダ人に添削してもらって、OKをもらって
カナダ人が良いって言ってくれたんだから大丈夫!と自信にもなりました。

留学エージェントでもレジュメの書き方を詳しく教えてくれるところもあります。

レジュメを書くのはなかなかしんどい作業ですが、自分を職場にアピールすることができる大事なものですのでがんばってください!
きっと希望の仕事に就けますよ!